FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥と同じ扱いを受けていた少年

2014.12.13.Sat.15:58
ロシアのイワン君は、2008年にケースワーカーによって発見されたそうだ。

7歳だったのだが、しゃべることができず、鳥のようなチュッチュという声をだしたり、両腕を翼のように羽ばたかせる事しか出来なかったらしい。

イワン君は母親の飼っている鳥だらけのふた間のアパートに閉じ込められていていたそうだ。

母親から話しかけられる事は無く、他の鳥と同様にペットとして扱われていたという。

イワン君は精神病院に入れられて、普通の人間の生活に戻れるよう治療を受けたらしい。

その後、社会性を身に着ける為、心のケアを受けるセンターに送られたそうだ。
関連記事
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。