FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿に育てられた少年

2014.12.23.Tue.08:59
ウガンダのジョン君は3歳の時、父親が母親を殺す姿を目撃し、家を飛び出したそうだ。
ジョン君は、ジャングルの中に入り込み「アフリカミドリザル」に育てられたと言われている。

1991年、木に隠れている所を地元の女性に見つけられた。

女性は村に戻って男達にこの事を伝え、男たちがジョン君を捕えようと捜索に乗り出したという。

ジョン君はサル達と共に抵抗したそうだが捕まってしまい、村に連れて行かれたそうだ。

村で体を綺麗にされたが、ジョン君の全身は毛で覆われており、多毛症だったという。

野生で暮らしていた為、腸に50センチ以上もの長さの寄生虫がいたそうだ。

全身に傷があり、サルのような歩き方をするせいか、特に膝に傷が多かった。

その後、孤児院を経営しているポールとモリー・ワスワ夫妻に預けられたジョン君。

家を逃げ出す前に、しゃべることはできていたようで、ジョン君は現在、子供たちの聖歌隊に入っていて、動物的な行動はほとんど見せていないらしい。
関連記事
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。