FC2ブログ

環境汚染の深刻な場所②

2014.12.06.Sat.18:01
中華人民共和国の山西省南部の汾河下流域にある臨汾市(りんふんし)は地球上で最も汚染された都市の一つだ。
臨汾市は960億トンという豊富な石炭埋蔵量が確認される石炭地区の中心部に位置している為、炭鉱開発が進められており鉄鉱石や石膏なども産出されている。

洗濯物を干せば、乾く前に真っ黒くなってしまい、

市内で生活する事は、毎日タバコを3箱吸っている事に匹敵するそうだ。

鉱業の発達に伴った結果、2007年に汚染関連の環境問題をサポートする団体「ブラックスミス研究所」により世界の十大汚染地域に指定されたという。

300万人以上の人が影響を受けている深刻な環境問題を引き起こしている。
関連記事
コメント

管理者のみに表示