FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超高度実験

2014.12.07.Sun.18:02
ドイツ空軍が新しく開発した戦闘機は、「高度18000m」まで上昇できるようになっていたが、このような高度における低い気圧に操縦士が耐えられるかどうかが問題となり、ある実験が行われた。
低圧実験室の中にダッハウ強制収容所の囚人を入れて「高度20000m」に匹敵する低気圧にまでさらすという恐ろしい実験を、1942年3月頃から8月頃まで行っていたという。

ユダヤ人・ポーランド人・ロシア人の捕虜約80人がこの実験で悲惨な死を遂げた。

実験の経過は細部に渡り記録され、死体は解剖されたという。

かろうじて生き残った被験者はひどい後遺症に苦しんだのは、言うまでもない。
関連記事
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。