FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外の有名子役のその後

2014.12.19.Fri.15:03
■Mコーレー・Kルキン
『ホーム・○ローン』でケ○ン役を演じた。

主なトラブル
・両親の泥沼離婚。
・17歳という若さでの結婚とスピード離婚。
・規制薬物とマリファナ所持で逮捕。
・ヘロイン中毒で余命半年の報道(本人は否定)。

■Eドワード・Fァーロング
『ター○ネーター2』でジ○ン・コナー役を演じた。

主なトラブル
・薬物・アルコール依存症。
・無免許・飲酒運転。
・妻からの離婚申し立てと妻への接近禁止令違反。


■Hーレイ・Jョエル・Oスメント
映画「シッ○スセンス」や「○.I」などで有名なハリウッド子役。
現在も俳優をやっている。

主なトラブル
・2006年、マリファナ所持で3年間の保護観察処分


■Rヴァー・Fェニックス
映画「ス○ンド・バイ・○ー」で注目された子役。

順調にキャリアを積んでいたが、1993年心不全の為23歳で亡くなった。
関連記事
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。